ビタミンC誘導体・化粧品

ご相談コーナー ショップのご案内 ピアベルピア化粧品 オールアイテム ご注文方法 個人情報の保護 特定商取引法の表示

  化粧品の豆知識


   見落としがちなメイク小物のとりあつかい
 

メイクに使う小物、毎日肌に触れるものだから清潔第一・・・なのですが。
だけど、あんがい見落としがち。

◆パフ・・・・・・・・基本的には消耗品。

肌のことを考えたら毎日でも洗いたい。
何回かは洗って使ってもOKですが、肌触りがごわごわ感がしたら新しいパフに取り替えのサインです。

洗うときは洗剤(合成洗剤)ではなく、かるく石けんをパフにつけてやさしく手でもみ洗いし、陰干します。
合成洗剤を使うと、合成界面活性剤などの成分がパフに残るのでお肌によくないことと、石けんの方がパフの汚れがよく落ちます。

◆スポンジ・・・・・・裏表と使って、きれいな面がなくなったら洗い時。

 洗っているうちに、弾力と柔らかさがなくなったら新しいものと交換します。
 スポンジも洗うときは石けんをつけて、色が出なくなるまでもみ洗いします。

◆ビューラー・・・・・マスカラの性能アップでとても落ちにくい。

 ちょっと放っておくと直ぐ固まって落とすのが大変。使ったらすぐにコットン
に化粧水を含ませてふき取ればOK。

化粧水で落ちないほど、汚れが固まってしまったらコットンにアルコールを含ませて拭けばほとんどの場合とれます。

◆シャドウチップ・・・これも消耗品に近い。

 両面使ったらすぐに洗っておくのが常識。柔らかさがなくなった交換です。

洗い方はスポンジと同じです。プロはシャドウチップはあまり使いません。
ブラシか指ですね。

◆マスカラブラシ・・・専用の洗浄液もあるくらいだから、こまめに洗うこと。

  メイクアップアーチストは一回一回きれいに手入れをしています。
きれいにメークしても肌に直接使う小物が汚れていては、トラブルのもとです。

 

<週刊メールマガジン 「知っていると得する!」お肌と化粧品の豆知識へ>


▲見落としがちなメイク小物のとりあつかいのTOPへ
ご相談コーナーショップのご案内ピアベルピア化粧品オールアイテム
ご注文方法個人情報の保護特定商取引の表示TOP

Copyright 2005 Cosmed Inc. All rights reserved.