ビタミンC誘導体・化粧品

ご相談コーナー ショップのご案内 ピアベルピア化粧品 オールアイテム ご注文方法 個人情報の保護 特定商取引法の表示

  食べ物とお肌のおいしい関係


   冬の健康とお肌を守る みかん
  冬が旬で身近な果物「みかん」

こたつ + みかん + テレビ = 冬。
安くて美味しくて、その上身体にもお肌にも良い果物といえばそれはみかん。

いつもテーブルにノッカッているので何となく手がのびて食べてしまう。

ミカンにはビタミンCが豊富なので風邪の予防にもなるのは、良く知られています。
でも、それだけじゃない「みかんパワー」
頼りになるツワモノです。

みかんのすっぱさはクエン酸です。
そう、お酢のクエン酸と同じ物です。
一日に必要なクエン酸は最低1g。お酢ならば大さじ一杯15cc。
クエン酸が身体に良いことはわかっていても、料理で使うにはこれだけの量は嫌いでなくてもけっこうつらい。
ところが、みかんなら1個食べれば1gのクエン酸が摂れます。
酢の物が苦手な人でもみかんなら楽に食べられる。

ミカンの黄色はベータカロチン。
身体の中で必要に応じてビタミンAとして働く、抗酸化物質の代表選手です。
ビタミンAは摂りすぎると良くありませんが、ベータカロチンにはそんな心配はなくみかんの食べすぎは手のひらが黄色くなるだけです。

さらに、最近の研究でわかってきたのはみかんに含まれる
「βクリプトキサンチン」
強力な発ガン抑制効果が注目の成分です。
私たちに一番身近な温州みかんにはオレンジの100倍ものβクリプトキサンチン含まれています。
一日に2個くらい食べれば1〜2mg位摂ることになるので十分有効とされています。

みかんを食べる時にスジや袋は食べない人が多いのですが、このスジや袋にも見逃せない効果があります。

水溶性食物繊維ペクチンが豊富に含まれるので便秘解消になる。袋ごと食べたら果肉だけだべるよりも4倍もの食物繊維が摂れる。

スジや袋に含まれるヘスペリジン(ビタミンP)は毛細血管を丈夫にするルチン(そばに含まれるポリフェノール)の仲間。

ヘスペリジンは中性脂肪を下げる働きもあり、ダイエットの味方です。

袋に含まれるヘスペリジンは、実の50倍、スジには、実の300倍も含まれています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ミカンは果肉だけでなく袋ごと食べる。白いスジもできるだけ取らない ■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

みかんが冬の健康とお肌の守る。1日2個以上がおすすめです。


 

<週刊メールマガジン 「知っていると得する!」お肌と化粧品の豆知識へ>


▲食べ物とお肌のおいしい関係「冬の健康とお肌を守る みかん」のTOPへ
ご相談コーナーショップのご案内ピアベルピア化粧品オールアイテム
ご注文方法個人情報の保護特定商取引の表示TOP

Copyright 2005 Cosmed Inc. All rights reserved.