ビタミンC誘導体・化粧品

ご相談コーナー ショップのご案内 ピアベルピア化粧品 オールアイテム ご注文方法 個人情報の保護 特定商取引法の表示

  食べ物とお肌のおいしい関係


   身体の中から美肌する リンゴ
  りんごは身体に良い!
冬の果物、代表選手です。

甘くて少しすっぱくて美味しい。その上身体にもお肌にも効果あり。

果物の中でもカリウムが多く含まれていて、とりすぎになりがちな塩分(ナトリウム)を排泄してくれます。

有機酸(リンゴ酸とクエン酸)は乳酸を減らし、新陳代謝を活発にするので疲労回復。

水溶性食物繊維のペクチンはコルステロールを吸収し悪玉コルステロールの比率を下げる。

おなかをこわしたときにはすりおろしリンゴが効くことは良く知られていますが、整腸作用だけではなく便秘解消にも効果があります。

腸内の悪玉菌を抑え善玉菌(ビフィズス菌や乳酸菌)を増やしてくれる正義の味方がリンゴです。

美味しい甘さは果糖や蔗糖。
でも血糖値の上昇を緩やにしてくれて、毎日食べると中性脂肪も下がります。
だから、ダイエットの敵にもならないので安心◎(ニジュウマル)

さらに、注目されている成分にりんごポリフェノールがあります。

ポリフェノールと言えば抗酸化物質。ビタミンCの働きを助け活性酸素を抑制してくれます。

りんごポリフェノールには「口臭を減らす」「ヒスタミンの生成を抑えるのでアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状からくる痒みを減らす」「虫歯菌の働きを阻害する」などの有効性も確認されています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■ペプチンもりんごポリフェノールも皮と身の間に多く分布しているので、■
■リンゴも皮ごと食べる方が効果的です。               ■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

皮ごとかぶりつくことで、顎の筋肉など表情筋を鍛え、お肌のタルミ防止になります。
歯や歯肉を刺激し口の中の掃除し口臭予防にも効果的。

冷やすと果糖が甘くなるので、さらに美味しく感じます。
低温で高湿度のほうが長持ちもするので、洗ってからポリ袋などに入れて冷蔵庫で保管しましょう。

農薬の散布は、最近では適正量がわかってきて年に数回程度です。水でよく洗って食べれば心配なし!

りんごは、精神的な安定感をもたらして自律神経の乱れを調整する働きもあります。
ストレスから来る食べ過ぎを予防して、体の中から優しく作用して太りすぎを予防します。

よっし、リンゴだけ食べてりんごダイエットに挑戦しよう・・・!
それはやりすぎ、毎日1個から2個がおすすめです。


 

<週刊メールマガジン 「知っていると得する!」お肌と化粧品の豆知識へ>


▲食べ物とお肌のおいしい関係「身体の中から美肌する リンゴ」のTOPへ
ご相談コーナーショップのご案内ピアベルピア化粧品オールアイテム
ご注文方法個人情報の保護特定商取引の表示TOP

Copyright 2005 Cosmed Inc. All rights reserved.