ビタミンC誘導体・化粧品

ご相談コーナー ショップのご案内 ピアベルピア化粧品 オールアイテム ご注文方法 個人情報の保護 特定商取引法の表示

  スキンケアコラム


    お肌とビタミン
  ビタミンは身体に良いイメージを利用した、ビタミン○○を配合していると表示している化粧品が最近多くなったと思いませんか。
だけど、「本当にビタミンってお肌に効果があるのかしら?」「今まで使ったことあるけど効果がなかったは!」と半信半疑の方も多いはずです。


皮膚専門のドクターや化学者の研究でビタミンを肌に塗ると驚くほど肌質が変わることがわかってきました。
最近はビタミンの効果を意識した、お肌に浸透しやすくした化粧品が作られはじめています。

もともと身体にとってなくてはならないのがビタミン。
・アレルギーを起こす心配がない。
・ビタミンは分子量が小さいので肌へ浸透する。
・ビタミンは小量でも細胞に直接働くので効果がわかりやすい。
化粧品の成分としてはもってこいですが、実際に効果のあるビタミンは今のところ限られています。


どんなビタミンがお肌の改善に効果があるのでしょうか。
代表的なものはビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンEなどです。
ビタミンがそのままの形で使われることはほとんどありません。
油脂分に溶けやすくするか、水分に溶けやすくして、肌に浸透し直接働きかけやくして、酸素や光などで変化しないように安定した形にします。

・ビタミンA(レチノイン酸・レチノール・パルミチン酸レチノール)には、シワの改善、ニキビの改善 、シミの改善・保湿の効果。
・ビタミンB(B12・B15・ナイアシン)にはシワの改善、ニキビの改善 、保湿の効果。
・ビタミンC(アスコルビン酸、ピュアビタミン・ビタミンC誘導体)には、ニキビの改善、毛穴の引き 締め、シミの改善、キメの改善、紫外線防御、シワの改善の効果。
・ビタミンE(αトコフェロール)には、紫外線防御、ビタミンCの働きの促進、保湿の効果。

化粧品の説明書やパンフレットなどでは以上のように効果や効能が紹介されていますが、配合できる量などが制限されているので効果を期待するのは残念ながらが限界があります。
ビタミン成分は確かに肌に安心です。
化粧品では効果を求めるのではなく、製品を安定させて働きをよくするためにビタミン類を配合しています。
書かれているような効果効能をあまり期待しないほうが良いと思っています。
現在本当に効果を実感できるものはドクターしか扱えないなど、限られていま
す。

そんな中で一つ例外的なビタミンがあるのです。
効果が実感できる、ビタミンC誘導体が注目されている例外です。
・リン酸型アスコルビルナトリウム
・リン酸型アスコルビルマグネシウム
・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
上記3種類のビタミンC誘導体の高濃度(4%〜6%)ものは本物です。


参考までに「ビタミンCの美肌効果」に詳しく説明しています。 
http://www.cosmed.co.jp/cosmed/vitaminC.html


機会をみて、お肌とビタミンについてもう少し詳しく触れてみたいと考えています。

 

<週刊メールマガジン 「知っていると得する!」お肌と化粧品の豆知識へ>


▲スキンケアコラム「お肌とビタミン」のTOPへ
ご相談コーナーショップのご案内ピアベルピア化粧品オールアイテム
ご注文方法個人情報の保護特定商取引の表示TOP

Copyright 2005 Cosmed Inc. All rights reserved.