ビタミンC誘導体・化粧品

ご相談コーナー ショップのご案内 ピアベルピア化粧品 オールアイテム ご注文方法 個人情報の保護 特定商取引法の表示

  スキンケアコラム


   気をつけたいバスタイムのあと
 

毎日のスキンケア。
大切なことはわかってはいても、ついついやりがいを失いがち。
メイクと違ってすぐにその場で結果が出るものではないし、年齢とともにお肌も歳を重ねていくことはいやでも自覚します。
つい、若いころの自分の肌と比べてしまいがちなんですね。
もういいかってなってしまいがち。

でもちょっとまって!

それは人間だからお肌も歳を重ねていきます。でも、40代でも50代でもきれいな人はきれいなんです。
20代であってもお肌がくすんでしまっている人もいる。
先日、お店に97歳の方がお見えになりました。
コスメドのお客様では最高年齢です。
それがそれが、なんとお肌がきれいなんですよ。
お話させていただいても、気持ちが若い。
精神的な張りでしょうねえ。目が活き活きしてて新しい話には飛びつくようにのってこられるんです。

この生きる姿勢がお肌にも出ているのは間違いない。感動しました!

見習わなくちゃと自分自身反省でした。
お若いころからスキンケアはきちんと続けてこられた方で、おしゃっていたのは皮膚呼吸が大切なので必要以上の油分は肌に塗らないようにしてきたとのこと。

さすがです。

これからの季節のスキンケアは特に乾燥対策ですね。
クレンジングしてから泡洗顔をする。
W洗顔のあとには保湿と保護はお約束ですが、チョットしたことでせっかくのスキンケアがいきてくるかこないかが分かれます。

季節にかかわらず肌に水分を含ませておくことはとても大切。
ここまでは、わかっていても意外なところでお肌を干からびた状態にしてしまうことがあります。
洗顔後は1分以内に化粧水で保湿するのが基本ですが、気をつけなくてはいけないのはお風呂上りって知ってました?
バスタイムのあとの肌は、皮脂膜が洗い流されて無防備。
からだを拭いてからの化粧水では遅すぎるんです。
肌表面の温度が上がっていることもあって、そのあいだに、想像以上にお肌から水分がどんどん失われていっています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■お風呂から出たらまず、ざっとでいいのですぐに、化粧水をお顔につけるこ■
■と。                                ■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

服を着て落ち着いてから、きちんと保湿すればいいのでとりあえずのローションでかまいません。
これに気をつけるのとつけないのでは、肌状態が大きく違ってきます。

もう一つはお肌の水分を逃さないようにすることです。
そのためには、寝る前にお肌の保護膜をきちんとつくっておくこと。
お休み前にはもう一度ちょっとお肌のようすを見てみることです。
カサつきがあるようなら、保護膜ができていないのでその部分に乳液やクリームをのせてからお休みタイムです。
朝起きたときには、顔を洗う前に肌をかならずチェックする。
カサつきがあるなら寝る前の乳液やクリームの量が足りなかった。
べたつくようなら量が多すぎた。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■お肌の状態を自分自身で時間とともにチェックすることで、つける量を調整■
■することがスキンケアのコツです。                  ■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

お若い方はオイル分の少ない乳液で、乾燥が特に気になる人や環境にいる方はクリームを使います。
ただし、20代前半で脂性肌の方は乳液ではなく化粧水で十分。ご自分の肌に聞いてみてください。

朝の洗顔後に肌がしっとりしてなめらかに感じるようならスキンケアがうまくいっている証拠です。

 

<週刊メールマガジン 「知っていると得する!」お肌と化粧品の豆知識へ>


▲スキンケアコラム「気をつけたいバスタイムのあと」のTOPへ
ご相談コーナーショップのご案内ピアベルピア化粧品オールアイテム
ご注文方法個人情報の保護特定商取引の表示TOP

Copyright 2005 Cosmed Inc. All rights reserved.