ビタミンC誘導体・化粧品

ご相談コーナー ショップのご案内 ピアベルピア化粧品 オールアイテム ご注文方法 個人情報の保護 特定商取引法の表示

  お手入れ相談


   よくあるご質問
  毎日、たくさんのご質問のメールをいただきます。
今週はよくある質問を特集してみました。


Q1:毛穴が目立ってきたのがすごく気になります。
   あと、美白効果のある化粧品を探しています。(30代前半)


A1:毛穴が目立つのは、クレンジングや洗顔が不十分で毛穴に皮脂が残ってしまったの
   が原因です。
   余分な皮脂を落としスムースに皮脂分泌ができるようにすることがまず第一です。
   皮脂のつまりがなくなれば、毛穴はしだいに目立たなくなってきます。

   美白化粧品はたくさんありすぎて、効果があるのは何なのという声はよくお聞きし
   ます。
   いままで、様々な成分が試されてきましたが、はっきりと効果があると皮膚科医も
   認めるものは多くありません。

   副作用の心配がほとんどなく、最近注目をあびているのが高濃度ビタミンC誘導体
   配合のローションやジェルです。
   皮脂分泌を抑制し毛穴を引き締める効果もあるので両方が同時に狙えます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Q2:生理前の肌荒れと、万年続く吹き出物・・・
   冬になるととくに吹き出物がひどくなっているような気がします。
   (20代後半)

A2:生理前の肌荒れやニキビは、人によって差が大きいのが特徴です。
   生理前にホルモンのバランスが崩れて、皮脂分泌が盛んになりそれでニキビが出や
   すくなりったり、肌荒れしやすくなります。
   適切なスキンケアで自分の肌とつきあっていくことになりますが、30才前後にな
   ると治まる人が多いようです。

   冬になっても吹き出物がなかなか収まらないのは、幾つかの原因が考えられます。
   冬は皮膚が乾燥するので、どうしてもクレンジングや洗顔がおろそかになりがちで
   す。
   クレンジングと洗顔が不十分で、余分な角質が残ってしまう。
   乾燥で皮膚の抵抗力(防御機能)が落ちるうえに毛穴に残った皮脂が刺激物になり
   ニキビ・吹き出物になるケースです。

   解決方法は、まずクレンジングと洗顔方法を見直して、W洗顔を徹底することです
   。
  (これで余分な角質が残らず、ターンオーバーがスムースに行なわれるようになりま
   す)

   洗ったあとは、乾燥を防ぐために一にも二にもすぐに化粧水です。
   コットンを使わず手で何回も化粧水が入らなくなるまでつけるのがコツです。
   (水分が角質の中に入ります)

   後は水分を逃がさないように、肌のバリヤ機能に大切なセラミドやN.M.Fを含
   んだ乳液やクリームで補い乾燥を防ぎます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Q3:私は現在ニキビ跡で悩んでいます。
   ニキビが出来はじめたのが中学生の頃からでそれからニキビがなくなる事がありま
   せんでした。
   ここ2〜3年は落ち着いているのですが、今度はにきび跡が残ってしているのが一
   番の悩みです。
   病院ではクレーターになった所は直らないと言われてショックです。
   なんとか治す方法はないのでしょうか?
   皮膚移植とかあればやりたいくらいです。
   (20代中半)

A3:ニキビ跡のシミは高濃度ビタミンC誘導体を使ったジェルやローションが効果が認
   められています。
   クレータもビタミンC誘導体の長期使用でかなり回復した例も出始めています。
   (本格的にニキビ跡の治療に使われ始めてまだ3年程度です)

   あとは皮膚専門医によるケミカルピーリングがあります。
   ニキビ跡には皮膚移植はしません。
   ピーリングは皮膚専門医でも本格的に施術しているところはまだ少ないのですが、
   美容整形外科でもピーリングをしているところもあるようです。
   ピーリングは医療です。
   エステサロンではソフトピーリングとして行われているようですが、実態がわから
   ないのでおすすめできません。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

Q4:テカリやニキビがひどいので脂性なのだと思います。
   でも、さっぱりタイプの化粧品を使うと頬や口元がかさかさしてしまいます。
   かさかさを防ぐためにクリームをつけるとニキビができてしまう。
   困っています。


A4:テカリは誰でも感じます。
   ましてニキビが出来ていれば脂性肌と思ってしまいがち。
   ほかの部分はどうか、肌の状態を確かめてみる必要があります。
   乾燥している部分があれば、そこからお手入れします。
   テカリが気になるからといって、最初からさっぱりタイプのお手入れをしては、頬
   や口元の乾燥しやすい部分はダメージを受けて、乾燥がひどくなりトラブルを招き
   ます。
   脂分の多い部分は後からでも十分調整できます。

   カサカサするからクリームをつけると、クリームの油脂分が毛穴をふさいで、皮脂
   がたまりニキビや吹き出物の原因になるのです。

   お肌が必要としているのは水分です。
   テカリやニキビは皮脂と水分のバランスが取れていれば出来にくくなりますし、お
   肌に水分が保たれていれば乾燥もしにくくなります。

   肌に水分を保たせるには、セラミドやN.M.F、ヒアルロン酸といった油脂ではない保湿成
   分を補うことが大切です。

 

<週刊メールマガジン 「知っていると得する!」お肌と化粧品の豆知識へ>


▲お手入れ相談「よくあるご質問」のTOPへ
ご相談コーナーショップのご案内ピアベルピア化粧品オールアイテム
ご注文方法個人情報の保護特定商取引の表示TOP

Copyright 2005 Cosmed Inc. All rights reserved.